--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シロエリキリオレ (ミツクチキリオレ科)

22:12

Monophorus atratus
シロエリキリオレ-腹面

シロエリキリオレ-側面

まだまだ続く「ザ・微小貝」第5弾です。
貝の名前はシロエリキリオレ。貝をみればその由来もはっはあ~ん、なるほどねと。
チャームポイントは白い殻頂。
顆粒状の螺肋は3本で、太い、細い、やや太いです。
大きさは5mm弱。

採集場所は名護のビーチ。これは現地で拾い上げた個体です。
黒っぽい貝は見つけやすいだけでなく、撮影もピントも合いやすいし、殻の溝や彫刻がわかりやすいので大助かりです。
スポンサーサイト

ムラサキハラブトキリオレ (ミツクチキリオレ科)

12:41

Mastonia rubra
ムラサキハラブトキリオレ-腹面

ムラサキハラブトキリオレ-横

台風11号が発生しましたね。今回も近づいてきそうですよ。
やれやれ、またスタンバイです(゚ー゚)

それじゃあ、貝殻好きの欲望をチクチク刺激してみましょうかね。

昨年の台風通過直後に海岸で拾った奇跡の1個!

今までどれだけ欠けたヤツを拾ってきたことか(T-T)

小さいし、殻口は薄いし、先っちょ細いしと、三拍子そろってますからね。この状態で打ち上げられるのはもう奇跡としか。
こんな事があるから、台風が来るとソワソワしてしまうんでしょうね。

大きさ9mm。採集場所は名護の自然海岸です。


イワカワアラレキリオレ (ミツクチキリオレ科)

12:55

Aclophora robusta
イワカワアラレキリオレ-腹面

イワカワアラレキリオレ-背面

イワカワアラレキリオレ-横

上下逆に撮影してしまったこの貝ですが、小さな貝で10mmちょっとです。

こいつは小さい上に他に似てるのがいくつかあるので、種の判別については、はなはだ心許ないところではあります。
あやしいのはテンスジキリオレ、クロクリイロキリオレあたり。
イワカワアラレキリオレにした決めては、殻の真ん中あたりの膨らみがやや強いところ。

このグループは壊れやすく、殻頂や口のところが欠けたのが多いのですが、これは何とかほぼ完品で拾えたので、思わず掲載してしまいました。

採集場所は不明。記録忘れのようです。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。