--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マルフトコロ (フトコロガイ科)

22:11

Euplica turturina
マルフトコロ-腹面

マルフトコロ-背面

以前マガキガイのにゅうっとのびた目玉をみて、寄生獣のミギーにそっくりと書いたんですが、
その寄生獣という漫画には、主人公とミギーを手助けする同じ境遇の人+寄生獣がでてきます。

その寄生獣はアゴについてるためジョーという名前で、
口から下が寄生獣なので歯がギザギザになり、口がにゅうーと伸びたりします。

いきなり何の話かと思うかもしれませんが、
実はマルフトコロをみるたびに、そのジョーという寄生獣を思い出してしまいます。

殻口のところがジョーにそっくり。口だけ見てるとしゃべりだしそうで、貝にみえなくなってきます。
この漫画の作者はもしかして貝好きなのかなぁと、マガキガイやマルフトコロを見ると思います。

ちょっとすり減ってるので、模様が一部消えてたり、細長くすぼまった殻頂もなくなってます。
大きさは10mmちょい。採集場所は名護のビーチです。
スポンサーサイト

フトコロガイ (フトコロガイ科)

11:59

Euplica scripta
フトコロガイ-腹面

フトコロガイ-背面

今日はフトコロガイを紹介します。

フトコロガイの特徴は、口がくの字に曲がり、口の内側に歯が並びます。
殻表面はツルツルで、茶色や白のかすり模様があります。
また、殻頂部分は肩が張り出し段々になり、まるでう・・ソフトクリームみたいです。

大きさは16mm。

採集場所は宜野湾や西原のビーチ、名護の海岸などあちこち落ちてます。

殻の模様は個体によってまちまちで、先に紹介したようなものから、下の写真のように波状やほぼ無地のものなどいろいろあるようです。

フトコロガイs




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。