--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コブオキニシ (オキニシ科)

17:52

Bursa tuberosissima
コブオキニシ-腹面

コブオキニシ-背面

いろいろご無沙汰してますが、この貝殻紹介も久しぶり。
約10ヶ月ぶりに、標本の写真をさっき撮り終えまして。ネタのストックもできましたので、しばらくは続けられると思います。

さて、復帰第一弾はマイナーどころのオキニシ科のコブオキニシです(^-^)
大きさ29mmということで、ちょっと小ぶりのやつですね。もう一回り大きくなるようです。
とは言え、意外と拾うことができないコブオキニシ。紹介できるのはこの1コだけ。

オキニシ科といえば、基本凸凹してるので、いまさら名前にコブとつけるのはどうかと思ったのですが、
あらためて眺めてみると、背中に大きな出っ張りがありまして、これのことを指しているんでしょうね。
コブオキニシ-瘤

採集場所・・・・・・・覚えてないし、ブログにもアップされてない(T_T)
ここ数年内に拾った記憶があるようなきがするのですが・・・・・・・

さあて、最近は名は体を表すじゃないですが、月1更新になりがちなので、そうならないように頑張っていきたいなと。
スポンサーサイト

イワカワウネボラ (オキニシ科)

22:53

Bursa granularis
イワカワウネボラ-腹面

イワカワウネボラ-背面

リーフを歩いていると死殻は比較的多く見かけるイワカワウネボラですが、
ヤドカリ使用率が高く、いつもくやしい思いをさせられてました。
打ち上げでも時々みかけはするのですが、上等なやつとなるとなかなか手にすることができず、ボロボロだったり、口がちゃんと出来てなかったりばかりでした。
まあ、イマイチパッとしない外観なので私の興味もそれほどでして、あまり気合い入れて探してなかったせいもあったのかも。
台風明けに打ち上げで見つけたのが今回紹介したやつで、オキニシ科の特徴のひとつである口の周りの滑層もちゃんとできてる手持ちはこれだけ(^_^)/
こうして、写真に撮るとそれなりによく見える不思議。

大きさ40mm。採集場所はA&W浜。

オハグロオキニシ (オキニシ科)

23:29

Bursa rhodostoma
オハグロオキニシ-腹面

オハグロオキニシ-背面

名前のとおり、口のところが黒というか色がついてます。
残念ながら上の方が欠けてしまってますが、オハグロオキニシの特徴は残っているかと。
殻表面の細かいイボイボが並んでいるところとか、殻の両端はあまりデコボコしないところとか。

もう少し成長すると口のところがめくれ上がり、外側に広がるようです。
大きさは17mm。
20mmぐらいになるそうですが、オキニシ科では小さい方です。

採集場所は久米島の石畳のある海岸です。


まともな標本を追加しました。
ボロボロのヤツを長いこと載せてたようです。すっかり忘れてました。
オハグロオキニシ02-腹面

オハグロオキニシ02-背面

ちょっと横から撮ってみました。この厚みのある重厚感がオハグロオキニシをはじめオキニシ系の特徴です。
オハグロオキニシ02-横
大きさ30mm。採集場所はA&W浜です。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。