オオタクミニナ (タクミニナ科)

23:12

Mathilda amanda
オオタクミニナ01-02

オオタクミニナ01-01

新しいグループ(科)強化週間も大詰めです。
今回はタクミニナ科です。一見タケノコガイ科にも見えますが、口の形状が異なるのでよく見比べてみてください。私のつたない文章では表現できませんのであしからず。

上の写真はタクミニナ科のオオタクミニナです。
沖縄に分布するタクミニナ科はこれとタクミニナだけのようです。

オオタクミニナは20mmぐらいになる大型種。ただのタクミニナは10mm程度にしかならないそうです。
写真の個体は18mm。オオタクミニナで間違いなさそうです。

殻のシワやミゾはどちらとも同じようにしか見えないです(T_T) 
(残念ながらタクミニナと思われる殻は持ってません。図鑑を見て話してます。)

色はオオタクミニナが若干明るい赤茶色になるようです。写真の個体はこの赤茶色にあたるのかと思います。

しかし、打上採集では色落ちしたやつなんかも取れるわけですから、子供のオオタクミニナとか拾ったらもうお手上げです。

下の写真は、たぶんその色落ちしたオオタクミニナだと思います。自信は全くありません。
10mm以上あるので、多分そうかなぁー程度。

この個体は殻頂の先っちょに胎殻(たいかく:最初のひと巻き部分で、生まれたときに持ってる殻)が欠けずに残ってます。
タクミニナ科はこの胎殻が他の巻きとは逆に巻いてるそうです。

オオタクミニナ02-01

オオタクミニナ02

採集場所は、たしか西原のビーチだったような・・・ ここではいくつか拾ってます。
スポンサーサイト