コダマウサギ (ウミウサギガイ科)

11:38

Pseudosimnia marginata
コダマウサギ-背面

コダマウサギ-腹面

白くて丸いウミウサギガイ科の仲間、コダマウサギです。
最近名前が変わったのでしょうか?以前の名前はヘリトリコダマウサギガイだったようです。

ウミウサギガイ科の仲間は口の形にそれぞれ特徴があるので、見分けるときのポイントになります。

あとは模様ですが、打ち上げ採集の場合色落ちしてることが多いので、当てにはできません。
きれいなピンクの模様がついたムラクモコダマウサギが真っ白なんてことも。
写真のコダマウサギはましな方で、特徴となる黄色い斑点模様が背面にうっすら見えます。
ツヤはきれいになくなってますけどね(T_T)

大きさは12mm。採集場所は名護のビーチです。
スポンサーサイト

ムラクモコダマウサギ (ウミウサギガイ科)

00:06

Prionovolva bulla
ムラクモコダマウサギ-背面

ムラクモコダマウサギ-腹面

タカラガイに負けず劣らず人気の高いウミウサギガイ。あちこちのブログで紹介されてます。
こんなすすけた殻を紹介するのはかなり勇気がいるのですが、めげずに紹介していきます。

ムラクモコダマウサギですが、8mmほどの小さな貝です。
残念ながらツヤツヤ感はなくなってしまい、名前にもある群雲模様はなんとか残ってる状態です。
名護のビーチでよく拾うのですが、それでもツヤツヤにはいまだお目にかかれません。