--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウキダカラ (タカラガイ科)

15:34

Cypraea asellus
ウキダカラ-背面

ウキダカラ-腹面

ウキダカラ

成長痕がちょっと残念ですが、ツルピカです。
他のサイトとか見たらウキダカラは成長痕が出やすいようで、おおむねこんな感じでした。

種小名の asellus はラテン語で「子供のロバ」という意味があるそうです。う~ん、ロバ?
ロバのイメージといえば模様無しですが、画像検索してみると、灰色の体に黒いたてがみが背中と肩にかけて入っているようで、
そのへんのイメージから来たのかなと。あまり納得できないけど。
別の由来があるかもしれません。
スポンサーサイト

ハチジョウダカラ (タカラガイ科)

23:33

Cypraea mauritiana
ハチジョウダカラ-背面

ハチジョウダカラ-腹面

ハチジョウダカラ-側面 

大物シリーズもとりあえず今回でフィナーレ。最後はハチジョウダカラ。大きさ80mm
最初にホシダカラが出たとき、これも出るんじゃないかと予想してた人もいるんじゃないでしょうか。
私みたいなペーペーでも拾える大型のタカラガイ科といえば、ホシダカラとこのハチジョウダカラぐらいでしょう。

それにしても、この標本は成長痕がかなり激しく入ってます。これを見つけたときは3個体ぐらい同時に見つけたのですが、
よりによってこれを模様が変わっているからという素人丸出しの理由で持ち帰ってしまったため、このような状況になってます(T_T)
見つけた他の個体は普通のきれいなハチジョウダカラだったんですけどね~(^_^:)>
味があるってことで(o^皿^)

採集場所は北部のリーフエッジ。

ホシダカラ (タカラガイ科)

22:03

Cypraea tigris
ホシダカラ-背面

ホシダカラ-腹面

ホシダカラ-側面

あまり続かないと思いますが、大物シリーズで次の採集まで間をつなぎたいと思います。
第1弾はホシダカラ。大きさ78mm。

うちの書類ケースを流用した標本入れには入りきらず、普段は段ボール箱中で、滅多に日の目を見ることがない大物の貝たち。
今週末は天気も悪くて薄暗く、微小貝の撮影は厳しい状況だったこともあり、ヨッシャということで大物シリーズとなりました。
第一弾は景気よくタカラガイから!!!ツヤツヤです(゚∀゚)

ホシダカラの種小名である tigris には「虎」の意味があるそうです。
さらにその語源は矢の意味をもつそうで、虎の動きが矢のように速かったことが由来とのこと。
ローマ字読みだとチグリスになりますが、メソポタミア文明が栄えたあのチグリス川も同じtigrisと書くそうで、
やっぱり流れが矢のように速かったことから そう名付けられたようです。

この貝に tigrisの学名が付けられたのは模様が虎に似てるということなんでしょうが、虎ねぇ~(゜- ゜)
どうなんでしょう。似てますかね?

採集場所は中部の海岸です。

ナシジダカラ (タカラガイ科)

22:42

Cypraea labrolineata
ナシジダカラ-背面

ナシジダカラ-腹面

ナシジダカラ-横

ナシジダカラ- 殻頂

ウキダカラのツルピカゲット記念ということで、タカラガイを紹介します(^_^)
今回は、オレンジの地に白い水玉模様が特徴のナシジダカラです。

漢字で書くと梨地宝。
梨地は蒔絵(漆塗り)の技法の一つだそうで、梨の皮の表面のような細かい点々模様の事を指すようです。

梨はあまり好んで食べないので、ろくに観た事もありませんでしたが、
梨の画像を検索してみたら、たしかにオレンジの地に白い点々模様が沢山ありますね。
似てなくもないかな(´・_・`)

まあ、ツルピカならそれで良し!!

大きさ19mm。採集場所はA&W浜です。

スソヨツメダカラ (タカラガイ科)

22:40

Cypraea stolida stolida
スソヨツメダカラ-背面

スソヨツメダカラ-口

スソヨツメダカラ-殻頂

スソヨツメダカラ-横側01

スソヨツメダカラ-横側02

背面の傷がなんとも残念なスソヨツメダカラではありますが、
これでもうちでいちばんツヤの残ってる奴を選んでおります(T_T)
サイドがいちばんツヤツヤしてたので、いつもより写真多めでお送りしております。

すぼまった口がなんともキュートなタカラガイ。
四方に伸びる褐色の模様が4つ目にみえるかは別にして、かなり個性的な模様です。
タカラガイの中でもかなりお気に入りの種類です。いつか完品をゲットしたいものです。

大きさ24mm。採集場所はA&W浜。今まで拾ったやつもほとんどA&W浜でした。
今年もまた通うことになりそうです(o^皿^)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。