採集結果-台風18号(2017) おかわり

22:18

台風明けの翌週。
用事があったので、ちょっとだけA&W浜に行ってきました。
拾いつくされた感が無きにしもあらずですが(T_T)、いやいや、まだまだ、諦めません。
201709AW02-02.jpg

ほら、残念なヒナマクラが(-_-)」
201709AW02-04.jpg
スポンサーサイト

採集結果-台風18号(2017)

14:19

待望の台風接近。
流石に直撃とはいきませんでしたが、前の記事で載せた写真のように程よい波が西側の海岸にも押し寄せていました。
ということで、行ってきました、貝拾い。

ちょっと早起きして、朝の8時半に出発。10時前に浜に到着
浜を見渡すと、浜の正面と右奥にこんもり礫が溜まってる感じ。
201709AW-001.jpg

ざっと歩いた感じでは、礫の上の貝はいつもとかわらず。風向き悪かったのかな?と思ったら。
なんてことはない、すでにたくさんの人に拾われた後だったようで、
私が手にした入場整理券の番号は15番(T_T)。日が昇る頃にはもう人がウロウロしていたとのこと。
うわぁーーーーーーーーーーーーーーーーw(゚ロ゚;)

復活宣言(・∀・) (業務連絡含む)

21:57

201709-01-AW.jpg
台風が来たからには、行かないわけにはいかないよね~ ヽ(゚∀゚)ノ みんなも、そう思っていたようです(T_T)
現在、標本整理中。今しばらくお待ちを。


え~、業務連絡 その2

ヘッダーにも書きましたが、フレッツ光導入に伴い、メールアドレスも変更となりました。
がしかし、メールの設定変更の際に間違ってメールデータすべてを削除してしまいました(T_T)
そのため、メールアドレス変更のお知らせができずじまいです。
今まで、メールいただいた方々。申し訳ございませんが、適宜コメント欄等にてこっそりまた教えてくださいね
もし、最近メール送って戻ってきてしまってたなんてことがあったとしたら、ごめんなさい(o^皿^)>

ナマリレイシダマシ (アッキガイ科)

22:41

Orania livida
ナマリレイシダマシ01

ナマリレイシダマシ02

手持ちのやつは茶色ですが、
鉛色?(灰色っぽい)だったから、ナマリレイシダマシなんでしょうね。

大きさ31mm。採集場所は北部干潟。
どこにでもいるというわけではなさそうで、○○がいくつもあって、○○っぽいところにいるようです。

ヒロウネレイシダマシ (アッキガイ科)

21:32

Cronia crassulnata
ヒロウネレイシダマシ-01

ヒロウネレイシダマシ-02

ヒロウネレイシダマシ-03

最近すっかり月刊投稿になってますね(^-^;)>
タイトル通りではあるっちゃあるんですがね。もう少し頑張らないととは思っております。

そんなわけで今月は投稿強化月間!!
さすがに毎日はあれなんであれしていただきまして、週一投稿を目指して貝の標本を久しぶりに撮影してみました。

テーマは「地味」
シリーズ第1弾にふさわしい地味っぷりですね。

名前の前や後ろにレイシダマシがついてると、見たことなくても「あぁ、地味なんだろうな~」と思わずにはいられないグループではありますが、こいつはそのなかでもトップクラス。
模様もなければ、イボイボもありません(T_T)
これよりちょっと細身のウネレイシダマシとの兄弟タッグはアッキガイ科最強じゃないでしょうか。

弟分のウネレイシダマシとよ~く似ているんですが、それよりも太丸く、名前にもあるように縦にはしるウネの幅が広くなってます。
ただ、拾う頻度は圧倒的にヒロウネのほうが少ないです。
ウネレイシは腐るほど生きたやつを見つけられますが、ヒロウネは死殻のこれ1コきり。
だからってわけじゃないですが、嫌いじゃないです。この太丸いところがなんとも。

大きさ33mm。採集場所はどっかの干潟。